オステオパシー

オステオパシー · 08日 9月 2020
今回のブログは、「手技で不安感にどうアプローチするのか?(1)」でお話しした中の、(1)呼吸システムの改善についてです。 ・ ・ ・ (1)呼吸システムの改善 不安感やイライラ感が出る時、人は呼吸が浅くなります。...
オステオパシー · 08日 9月 2020
現在ホットペッパービューティーに掲載しているのですが、先日、ホットペッパー内のクーポンを症状別に作成しました。 当スタジオは最初に必ずカウンセリングをするので、どのクーポンからご依頼をいただいても問題はないのですが、せっかくここのページを訪れてくれた方に、「少しでも分かりやすく伝われば良いな」と思い細分化してつくってみました。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
クラニオ・セイクラル・セラピー(CST)という手技療法があります。 頭蓋骨と仙骨(骨盤の真ん中の骨)は硬膜という組織でつながっています。 これはどうつながっているかというと、...
オステオパシー · 04日 9月 2020
オステオパシーの中に、クラシカルオステオパシーという手技があります。 オステオパシー自体はアメリカ発祥の徒手医学ですが、クラシカルオステオパシーは検死医でありオステオパスであったJ.M.Little.John(リトルジョン)が、アメリカでオステオパシーを学んだ後に、イギリスに持ち帰り発展させたものです。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
予防医学の大切さは最近は日本でも聞かれるようになってきました。 諸外国では、オステオパシーは予防医学としても有効だとされているので、 症状が出る前にオステオパシー施術を受けることによって、問題を未然に防ぐこともできると考えられています。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
「神は細部に宿る」「ディティールに神が宿る」 という言葉があります。 哲学者のニーチェや、物理学者のアインシュタイン、建築家のルートヴィヒなどが好んで使っていたと考えられる言葉で、一般的に、 「細かな部分まで、手を抜かないからこそ、素晴らしい作品が完成される」 というような意味合いで使われていると思います。 神が宿る。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
筋膜という言葉を最近よく聞くようになったと思います。 (ちなみにオステオパシーでは、100年以上前からす筋膜へのアプローチの重要性が考えられてきていました) 筋膜とはなんでしょう? 一般解剖学的にはざっくり二つに分けられ、 ・筋肉を包む膜=深筋膜 ・皮下脂肪を内在する膜=浅筋膜 のことで、結合組織という材質で出来ています。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
肩こりの痛みや違和感を出している筋肉は、一般的に僧帽筋の上部線維が多いと考えられます。 肩こりのそもそもの問題は、なんらかの理由でこの僧帽筋上部がリラックス出来ずにいることでしょう。 このなんらかの理由とは人それぞれケースそれぞれでありますが、その一つに肩甲舌骨筋という筋肉が悪さをしていることがあります。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
脳は、脳だけで身体のエネルギーのおよそ4分の1も使っているといわれています。 それだけのエネルギーを使えば多くの老廃物が生じますが、それがどう処理されているかは長らく謎でした。 リンパの役割の一つに、身体の「下水道」の側面があります。...
オステオパシー · 04日 9月 2020
寝付きを悪くする原因は様々ですが、季節の変わり目、特に梅雨のシーズンは、暑さや湿気や気温の変動で寝付きの悪さを感じる方もいらっしゃると思います。 単純な寝苦しさのせいもあれば、この時期特有の不安定な気候によって、自律神経系=交感神経・副交感神経が乱れされることによる影響もあるでしょう。...

さらに表示する