コンディショニング/トレーニング

当サロンには、ストレッチポールやヨガボールだけでなく、バーベルやステップ台があります。 バーベルは2kg~27kgほどまで重くできるので、一般的なコンディショニング用途としては工夫次第で十分だとと思います。 なぜバーベルやステップ台があるのかというと、私は格闘技ジムやスポーツジムでも活動しているのですが、...
今回は臨床談です。 写真は足首や足の指の動きが上手く使えないクライアント様の下腿です。 この方へは、オステオパシー施術、ピラティス、トレーニングを継続して行なっています。 それによりだいぶ動きが安定してきていたのですが、写真の貼り方でキネシオテープを使い、さらに安定感が増してきました。...
前回のブログで少し触れましたが、近隣の外部施設や出張などでトレーニング指導もしています。 こちらで行っているものは、主に身体の使い方や強化で、競技力や安定感を上げたい方へ向けたパーソナルセッションになります。...
コンディショニングはアスリートにも必要です。 もちろんプロアマ問わずにです。 運動競技者やアスリートは、どうしても強度の高いトレーニングばかりで追い込みたくなってしまいやすいですが、追い込むだけがトレーニングではありません。 日常の姿勢や歩き方、トレーニング、自分の競技のフォーム。 どれも自分で自分の身体のイメージを養うことが大切です。...
さいたまオステオパシー パーソナルコンディショニングスタジオ。 やけに長いお店の名前です。笑 オステオパシーやオステオパスについてはブログに書きました。 では“コンディショニング”とはなんでしょうか? 辞書をひくと『体調や環境などをととのえること』と出てきます。...